http://aff.celebritytrip.club/lp/2080/648018/

もはや火葬ではなく

ノンカテゴリ

  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
http://aff.celebritytrip.club/lp/6041/648018/

最後に火葬された人

にわかには信じられないような「新しい葬送の形」が世界ではすでに始まっているという。

ブラックジョークのような言い方だが、すでに2種の、火葬以外の遺体処理方法が注目されている。

 一つ目は「レゾメーション(Resomation)」と呼ばれる方法で、ギリシャ語のresoma=rebirthから命名された。アルカリ加水分解(身体がほぐれて解体しやすくなる)を利用し、遺体を150度で2時間ほど加熱する。火ではなく水(液体)を用い、焼くのではなく煮る方式である

出典 http://

その結果は、リサイクル可能な液体と白い遺骨になる。液体は緑がかった茶色で、糖分・塩分・アミノ酸などが含まれており、下水に流してもよいが、家に持ち帰って、庭に肥料として撒いてもいい。遺骨はシェイクすれば、遺灰になる。装置の煮鍋は何度も使用できて、CO2の排出量も確実に減らせる。2007年に設立された、イギリスのウェスト・ヨークシャー州のパズィに本部を構えるレゾメーション社によって推進されている。

出典 http://

08年には、英国火葬協会(Cremation Society of Great Britain)が、レゾメーションを認める方向へ憲章を変更し、その後はイギリスで広がりを見せている。アメリカでは12年に10の州で、カナダでは12年にサスカチュワン州で実施を認可したが、日本の名前はまだ出てきていない。

二つ目の方法は1999年、スウェーデンの生物学者スザン・ウイーグ・メサクさんが発明した「プロメッション(Promession)」と呼ばれる。イタリア語のpromessa(プロミスの意)に由来している。

こちらは、遺体を液体窒素に浸したあと、マイナス196度に約2時間保持して凍結させて、解体しやすくする。その後、振動(音波)を用いて遺骨を遺灰に粉砕する。しかし、この時点では遺灰は水分を含んでいるので、空中に蒸気として蒸発させる。

出典 http://

製法としては「フリーズ&ドライ」。遺灰は6~12カ月かけて、埋められた周囲に少しずつ栄養分を放ちながら、完全に土に戻る。グリーン・ベリアル(Green Burial. 自然に還る埋葬)や「氷葬」とも呼ばれる。

出典 http://

プロメッションは、現時点ではまだ実用に至っていないが、時間の問題と思われる。





http://dot.asahi.com/

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう